副交感神経 睡眠

休息の為には副交感神経が働かなければなりませんが、齢と共に副交感神経は衰えてきます。

 

また、それが睡眠不足の原因にもなります。

最近「なかなか夜眠れない」というあなたには、就寝時刻の14時間前、ウォーキングでも良いので20分程度の有酸素運動とその際にしっかりと朝日を浴びる事がお勧めです。

例えば12時までにはぐっすりと就寝したいのならば、10時まで朝日の下でジョギングやウォーキングなどの有酸素運動を終えておく事。

これを行う事で体内時計によるホルモン分泌 (セロトニン、メラトニン) が整い、快適な睡眠が取れる様になります。

 

 

 

【 セロトニン:昼に分泌】
脳が活性化され、元気に活動出来るホルモン

【メラトニン:夜に分泌】
眠気を感じるホルモンで加齢とともに少なくなり、その結果、副交感神経の作用も弱くなります】

SNSでもご購読できます。